和モダンな壁紙でオシャレかつ癒しの空間を!選び方のポイント4つ

「オシャレで癒される部屋が欲しい。」
「部屋の雰囲気をガラッと変えたい。」と考えるものの、一度に部屋のレイアウトを変えたり、インテリア家具や雑貨を揃えたりするのは大変ですよね。

そんなときは、壁紙を変えると部屋の雰囲気が一新しますよ。

今回は、和モダンな壁紙について紹介していきます。お伝えする内容は、下記の通りです。

  • 和モダンな壁紙の種類と特徴
  • 和モダンな壁紙の選び方のポイント
  • 和モダンな壁紙にリフォームする方法
  • 和モダンな壁紙を生かすおすすめのインテリア

自分好みの和モダンな壁紙を見つけて、居心地の良い空間を作っていきましょう。

和モダンな壁紙の種類と特徴

部屋に合う和モダンな壁紙を見つけるためには、壁紙について知らなければなりません。

壁紙のデザインをイメージだけで選んでも、部屋の特徴に合っていなければ、すぐに剥がれたり汚れたりして長持ちしない可能性があります。

和モダン壁紙を長持ちさせるためのコツは以下の通りです。

  • キッチンや居間、寝室、トイレなどの特徴(湿気がある、汚れやすいなど)
  • 壁紙の種類や特徴

ここで紹介する和モダン壁紙の種類や特徴を参考に、ご自宅の部屋の特徴と照らし合わせながら和モダン壁紙選びをしてみてください。

和モダンな壁紙の種類①ビニール壁紙

和モダンな壁紙の種類のひとつは、ビニール壁紙です。ビニール壁紙は、一般的に使用される壁紙。

ビニール壁紙は、他の種類の壁紙と比べて比較的安価で手に入れられるため重宝します。
原料が塩化ビニール樹脂などから作られていることから、耐久性があり掃除がしやすいというメリットも。

また、プリント柄やエンボス加工、大理石調など、デザイン性にも優れているため、好みの和モダン壁紙の柄を見つけやすいのも嬉しいポイントといえるでしょう。

和モダンな壁紙の種類②珪藻土壁紙

珪藻土壁紙漆喰調壁紙も、和モダンな壁紙のひとつ。

珪藻土壁や漆喰調壁は、和室の壁に使われる壁材で、扇仕上げやハケ引き仕上げ、スタッコ調仕上げなど塗り方によって、さまざまなデザインの壁を演出できます。

珪藻土壁や漆喰調壁の部屋は、温かみがありホッと安らげる空間ですが、自分で塗るのは大変です。

そんなときにおすすめなのが、珪藻土や漆喰が施されている藻土壁紙や漆喰調壁紙。
外注するよりも安価で、自分で塗るよりもきれいに仕上げられます。

また、珪藻土や漆喰で作られた壁は、汚れても水拭きなどできませんが、珪藻土壁紙や漆喰調壁紙なら、水拭きができるので、お手入れが楽という点でも重宝します。

和モダンな壁紙の種類③紙壁紙

和モダン壁紙に合う紙壁紙は、和紙ケナフパルプ材などのほか、海外からの輸入壁紙があります。

伝統的な和の趣がある和紙壁紙は、畳や障子などとも相性が良く、落ち着いた雰囲気の和モダン部屋を演出してくれるでしょう。

また、輸入紙壁紙は、デザイン性に富み色も豊富。表面に加工が施されたタイプや、ゴージャスな雰囲気の紙壁紙もあります。

個性的でセンスの良い和モダン部屋を作りたい場合には輸入紙壁紙がおすすめです。

和モダンな壁紙の種類④木質壁紙

自然素材のインテリアが映える和モダン部屋には、木質系壁紙も良く合います。
木質系壁紙は、実際の木材を薄くスライスしたものが使用されており、2種類のタイプがあります。

  • 銘木シート壁紙:天然木を薄くスライスし紙などが貼り付けられた壁紙
  • コルクシート壁紙:コルクを薄くスライスし紙などが貼り付けられた壁紙

銘木シート壁紙やコクルシート壁紙が貼られた部屋は、自然素材ならではの温かさや質感が魅力
また、時間の経過とともに木質系壁紙である木材の色や風合いが変化し、より美しさを増していきます。

風情がある自然素材が使用された壁紙が貼られた空間は、ホッと一息付くような安心感や安らぎを与えてくれます。

和モダンな壁紙の選び方のポイント4つ

ここからは、和モダンな壁紙の選び方のポイントについて以下の4つ紹介します。

  1. 部屋の用途別に選ぶ
  2. 部屋の雰囲気に合わせる
  3. 自然素材や伝統素材で作られた壁紙
  4. 日本の伝統色が使用されているもの

先ほどお伝えした、和モダンな壁紙の種類と特徴を踏まえた上で選ぶようにすると、部屋にピッタリな和モダンな壁紙が見つかるはずですよ。

部屋の用途別に選ぶ

和モダンな壁紙を選ぶポイントとして、部屋の用途別に選ぶことがあげられます。

例えば、寝室は1日の疲れを取り、体を癒す部屋。寝室の壁紙がえんじ色や派手な大柄デザインでは、落ち着いて休めませんよね。

やはり、寝室は安心感があり、落ち着いた雰囲気のくつろげる部屋であって欲しいもの
体を癒し、くつろげる空間を築くためには、落ち着いた色味やデザインの壁紙を選ぶことが大切だと分かります。

部屋の雰囲気に合わせる

部屋の雰囲気に合う壁紙を選ぶことも、センスの良い和モダン部屋作りには大切なポイント。

例えば、温かくて居心地が良い居間には、ベージュやイエローなどの暖色系が使用されたデザインがおすすめ。

例えば、木目調の天井と畳が目を引くナチュラルテイストの和モダン部屋には、珪藻土壁紙や漆喰調壁紙が良く合いますが、木質系壁紙や大柄デザインのビニール壁紙では、部屋の雰囲気と合致しません。

それぞれの部屋が持つ雰囲気や内装に合う壁紙を選ぶと、居心地の良い空間を演出できるはずです。

自然素材や伝統素材で作られた壁紙

和モダンな壁紙の選び方のポイント3つ目は、自然素材や伝統素材で作られた壁紙です。

旅行などで、旅館や城・日本家屋を目にすると、なんだかホッとしますよね。

昔ながらの珪藻土壁や漆喰壁のような塗壁は、温かくて柔らかそうな印象のため自然とリラックスできるのです。

自宅の壁も同様に、自然素材や伝統素材で作られた壁紙は、ぬくもりがあって心地がいい。

昔ながらの自然素材や伝統素材が使われている壁紙の部屋は、懐古的な雰囲気も加わり居心地の良い空間ができるのです。

日本の伝統色が使用されているもの

日本の伝統色を壁紙に使用するのも、センスの良い和モダン部屋にする方法のひとつ。

日本の伝統色には、朱色や群青色、江戸紫のような濃い色があれば、桜色や抹茶色、紫水晶のような柔らかい色もあります。

部屋を落ち着いた雰囲気にしたければ薄い色味の伝統色を壁紙がおすすめ
濃い色でまとめると華やかな雰囲気になりますが、部屋にいても落ち着けず和めません。

濃い色味の伝統色を使いたい場合は、部屋全体ではなく、アクセントカラーとして一部分に取り入れると良いでしょう。

和モダンな壁紙にリフォームする方法

和モダンな壁紙へのリフォームを検討する際、決めなければならないのは壁紙の色やデザインだけではありません。

壁紙の張替えを自分でするのか、業者に依頼するのかを決める必要があります
また、壁紙のコスト、張り替えにかかる日数なども考えなければならないでしょう。

そこで、自分でDIYする場合と、業者に依頼する場合のメリット、デメリットについて紹介します。

和モダンな壁紙にDIY

和モダンな壁紙の張り替えをDIYするのに向いている人は、以下の通りです。

  • DIYが得意
  • 時間を掛けても良いからコストを掛けずに壁紙を張り替えたい
  • 壁紙選びから張り替えまで、自分でやってみたい

壁紙には、糊なし壁紙や糊付き壁紙、シール付き壁紙がありますので、自分が使いやすい壁紙で挑戦してみると良いでしょう。

下記に、和モダンな壁紙に自分でDIYするときのメリット・デメリットをまとめました。

メリット デメリット
比較的コストを抑えられる 壁紙のデザインを揃えるのが大変
自分のペースで張り替えができる 失敗してやり直した場合に、コストが余分にかかる
自分で張替えたという達成感がある 業者に依頼するよりも時間がかかる
完璧にできなくても味があり愛着がわく 思うようにできず仕上がりに納得できないことも

和モダンな壁紙の張り替えを業者に依頼する

和モダンな壁紙の張り替えを業者に依頼した方が良い人は、以下の通りです。

  • 壁紙の張り替えを失敗したくない
  • 時間を掛けずに壁紙の張り替えをしたい
  • 費用がかかってもきれいに仕上げたい

下記に業者に依頼した場合のメリット・デメリットをまとめました。

メリット デメリット
仕上がりがきれいで長持ちする 打ち合わせがあり時間調整などが煩わしい
壁紙選びを相談できアフターサービスもある DIYするよりコストがかかる
業者に依頼する方が心身ともに疲れにくい 業者の経験値によって柔軟に対応してもらえないケースもある

和モダンな壁紙を生かすおすすめのインテリア

お気に入りの和モダン壁紙に張り替えて、さらに上質な空間を目指すなら和モダンな壁紙をさらに引き立てるインテリアをコーディネートしてみてはいかがでしょう。

和モダンな壁紙を生かすおすすめなインテリアを紹介します。

和モダンな壁紙を生かすインテリア1:タペストリー

和モダンな壁紙を生かすインテリアのひとつがタペストリーです。

タペストリーには、紐を編んで作られたマクラメ編みタペストリースエード生地のタペストリー麻生地のタペストリーなどの種類があります。

また、横幅10cm程度の細くて縦長デザインの細いタイプのタペストリーがあれば、縦横1m超の大判タペストリーなど、大きさもさまざま。

選ぶタペストリーによって、和モダンな雰囲気の壁紙をより華やかにしてくれます。

和モダンな壁紙を生かすインテリア2:和モダンな照明

和モダンな照明を灯すと、部屋に昼間とは別世界のような空間を演出します。

和モダン照明の代表的な存在である和紙照明の多くは、温かみのある橙色。

和紙照明の温かな色味の灯りと壁紙色味、灯りが当たっていない陰の部分が重なり合い幻想的な雰囲気を醸し出します。

和モダンな壁紙が張られた空間に和モダンな照明を飾ることで、安心感や癒やしだけでなく、旅館にいるかのような非日常を感じさせてくれるのです。

和モダンな壁紙を生かすインテリア3:和モダン小物

和モダン小物も和モダンな壁紙を生かすインテリアのひとつ。

和モダン小物は、壁紙のデザインがシンプルでも柄が描かれているデザインでも、マッチします。
和モダン壁紙の前に、かわいらしい小物がコーディネートしてあったら、目を引くこと間違いなしです。

出典:龍村美術織物

龍村美術織物では、干支にちなんだ置物を販売中です。手のひらにコロンと載るような大きさの丑の木目込み人形やマスコット人形は、キュートで存在感抜群。

和モダン壁紙とも相性が良いだけでなく、縁起物として人気です。

和モダンな壁紙でおしゃれな空間を演出しよう

和モダンな壁紙の種類や特徴、選び方のポイントについて紹介しました。

どの和モダン壁紙を選ぶかによって、部屋の雰囲気は大きく異なります。温かみや懐かしさを感じる空間は居心地が良いものです。

とはいうものの、部屋によっては頻繁に壁紙を変えられない場合もあるでしょう。そのため、しっかりと熟慮して、長持ちかつ心地よいと感じる和モダン壁紙を見つけてくださいね。

また、オシャレかつ癒しの空間を作るためにも以下の記事も参考にしてみてください。

和モダンインテリアを賃貸の1人暮らしにも取り入れる4つのコツ

和モダンな部屋の簡単な作り方

和モダンテイストの寝室でくつろげる空間作り