和モダンとは?3つの特徴や住宅の外観や内装のデザインを紹介

和モダンはインテリアデザインのトレンドとして、今注目を集めています。

和の伝統的な要素に現代のモダンテイストを組み合わせた部屋は、過ごしやすくおしゃれなインテリアに仕上がります。

この記事では和モダンの意味や内装と外装の特徴をまとめました。

住宅の新築やリフォームを検討されている方や、和モダンとは何か知りたい方まで参考にしてはいかがでしょうか。

和モダンの意味とは?

和モダンは、和風とモダン(現代的)が融合したインテリアです。

古くから日本で伝えられてきた温もりと心地良さのある和の空間に、モダンの過ごしやすさや便利さを組み合わせたデザインは年代問わずゆったりとくつろげるところが魅力です。

和モダンと言えば、洋室に和の小物を飾ったイメージを持つ方もいますが、決してそれだけではありません。

しかし実際は和室に洋風家具を取り入れることも、和モダンインテリアの手法です。

洋風のソファを和室に置き、床に近い暮らしが実現すると足腰に負担が少なく高齢者にもやさしい作りに。

現代的な便利さと個性的で落ち着きのあるおしゃれが和モダンの魅力なのです。

和モダンな住居の内装とは?

和モダンな住宅は内装と外装にこだわることが大切です。

まずは、和モダンな住居の内装の特徴や魅力をご説明します。

和モダンらしさのある内装を画像つきで解説します。

リフォームや建築時の参考にしてみましょう。

自然木の風合いが残る木材を柱や床に使っている

和モダンは木の温もりを活かしたインテリアが定番。

木や土などの自然の風合いと、和を感じさせるナチュラルな木材を使った空間は趣きがあります。

自然木の香りを楽しめる、ヒノキや杉などは、和モダン住宅の内装として古くから使われてきました。

他にも土間や坪庭など、古くから日本に伝わる土を活かした内装の和モダン住居もあります。

古き良き和風住宅の過ごしやすさと、モダンの便利さを兼ね備ればくつろぎの内装が生まれます。

畳とフローリングをバランスよく取り入れている

和モダンはベースになる部屋のタイプを問いません。

洋室のフローリングからカーペットが敷き詰められたレトロテイストの部屋、畳の純和室などのようなスタイルでも和モダンインテリアを目指せます。

フローリングの部屋に畳を並べて、部屋の一画だけ和室にするなどの自由なアレンジを加えた内装も可能です。

直線的なインテリアや家具を配置している

和モダンはモダンのシンプルで直線的なラインを意識したインテリアが特徴です。

家具はスクエアフォルムを中心に配置し、丸い形や凹凸の多い家具類は控え目にすると、整頓された印象に。

ドアや窓などの建具も正方形や長方形のすっきりした形が中心で、部屋全体に凹凸が少ない広々としたデザインに仕上がっています。

仕切りを作らずに部屋の開放感を意識した造りも、和モダンインテリアの魅力です。

ドアを配置しなければ、和室から洋室まで1つの部屋に見える和モダンインテリアが生まれます。

和と洋の両方の内装を取り入れて、好きな場所で自由に過ごせるのです。

和モダンな住宅の外観とは?

和モダンな住宅は外観にも特徴があります。

おしゃれで上質な和モダンの外観は、内装と同じく和と洋の良さを両方取り入れているのです。

3つの和モダン住宅の外観の特徴と魅力をご説明します。

シャープで直線的なシルエットの和モダン住宅

和モダン住宅の外観は、和風を意識したものもあればシャープで直線的な、モダンテイストを強調したデザインも人気です。

モダンテイストは屋根の傾斜が少なく、家のシルエットそのものが正方形や長方形の外観にまとまっています。

凹凸が少なく直線的にまとめられたデザインは、スタイリッシュで現代的な美しさが魅力。

特に内装にモダン要素を多く用いた場合は、モノトーンなどの落ち着いたカラーでまとめましょう

シャープで直線的なシルエットは、無駄のないシンプルな印象だからこそ、ホテルのような落ち着いた空間が生まれます。

瓦や格子をメインに使った和風住宅

古くから日本に伝わる瓦や、格子、障子などの建具を取り入れた和風住宅も和モダン住宅の外観の特徴。

現代の住宅は洋風の外観が多い中で、純和風にこだわった外観は個性的な佇まいが生まれます。

瓦ならではの和の風合いは重厚な雰囲気が生まれ、外観のアクセントに。

屋根と壁を同系色にまとめると、全体的に統一感がある和モダン外観になります。

あえて壁とは全く異なる瓦の色にして、ツートンの和風住宅の外観に仕上げたデザインは存在感のある外観に仕上げたい方におすすめです。

モルタルや土壁を使った無機質で個性的な和モダン住宅

モルタルや土壁は、古くから日本の住宅にも使われていた素材です。

土壁は呼吸すると言われており、室内で発生した水蒸気を吸収して、湿度調整に役立つ機能性を持っています。

見た目も土ならではの自然の風合いが感じられるため、和風を好む方々を中心に根強い人気を誇ってきました。

モルタルは水とセメント、砂を混ぜた素材で、表面に砂の細かい凹凸がある特徴的な見た目になります。

1990年代以前の日本では定番の壁で、現代のモダン住宅ではあまり採用されていません。

しかし、重厚で独特の質感は趣きがあり、味わい深い壁面になります。

瓦と組み合わせれば、まさに昭和時代から続く古き良き和モダン住宅の見た目に仕上がります。

和モダンインテリアの3つの特徴

既存の内装と外装に、インテリアを変えるだけでも和モダンテイストな部屋が生まれます。

リフォームやちょっとした模様替えで和モダンに変えたい場合に意識したい、3つの特徴をご説明します。

良質な木材を使った温かみのあるデザイン

和モダンは良質で長く愛用できる木材をつかいましょう。

ヒノキや杉などの厚みがあり、香り豊かな木材は、部屋に1つあるだけで高級感が生まれます。

テーブルやタンスなどの家具を木材のナチュラルなテイストに切り替えると、和モダンらしい温かみのあるインテリアに仕上がります。

また、リフォームする場合は木目のわかる床材、窓枠や扉、格子などを木材に切り替える方法も和モダンを作るコツ。

部分的に木の温もりを感じる部屋にすると、家具が洋風中心でも和モダンらしいバランスの良さに仕上がります。

日本古来の畳や障子を使用

日本古来から使われている、畳や障子を取り入れると洋風の住宅に和のテイストを加えられます。

畳は部屋全体に敷かずとも、カーペットのように洋室の中央や角に複数枚を敷くだけでも、和モダンテイストに仕上がるため、ぜひ挑戦してみましょう。

長方形の定番のデザインの畳だけでなく、洋室には正方形の琉球畳が人気です。

部屋の大きさや好みに合わせたデザイン性に富んだ畳は、現代的な和風インテリアとして注目されています。

シンプルで洗練された西洋風デザインと和の融合

シンプルな西洋インテリアに、和風の家具や小物を配置した空間は、和と洋が混ざり合った独特のインテリアになります。

西洋風の中でも、シンプルなワントーンカラーにまとめた内装は、洗練された雰囲気が生まれます。

そこに和風の小物や和柄のファブリックを取り入れて、インテリアのアクセントにしましょう。

既存の西洋風に、あえて和を加えた個性的なインテリアは、現代的なデザインとは一味違った深みが感じられます。

和モダンのデザインを作る3つのコツ

出典:龍村美術織物

和モダンインテリアのデザインを作るための具体的な方法をご説明します。

ポイントを抑えて、垢抜けた印象の和モダン住宅作りのために、意識してインテリアを作りましょう。

部屋の中に和と洋をミックスさせる

部屋の中に和と洋をミックスさせることが、和モダンの鉄則です。

和風と洋風の比率によって、同じ和モダンでも印象が異なるため、好みのデザインを考えて小物や家具を配置していきましょう。

現代住宅なら洋風7:和風3の比率なら大幅なリフォームが不要で、家具や小物だけで和モダンテイストに仕上がります。

洋室のフローリングに、レトロな和風家具や和風小物を飾りましょう。

おすすめしたいデザインは、横長で身長が低いフォルムの和風家具です。

1m50㎝を越えるような身長の高い家具は、圧迫感が気になる原因につながります。

身長の低い家具は、床に近い場所で暮らす和風住宅らしさが生まれるため、積極的に取り入れましょう。

家具同士を離して開放感を出す

和モダンは物を減らして、最小限の暮らしやすさを意識したインテリアを目指しましょう。

家具が減れば、部屋の凹凸が減るため、ゆったりと開放感が生まれるだけでなく、和モダンらしい直線的な空間が生まれます。

家具同士を並べる際は、50㎝以上の空間を開けると開放感のある和モダンらしいインテリアになります。

同じ役割の家具を2つ以上並べないことも、部屋を圧迫させないコツ。

最低限の家具を置いて、床面積を広げることを意識しましょう。

和風雑貨や小物を飾る

和風雑貨や小物を随所に飾ると、和モダンらしいおしゃれな空間になります。

上質なインテリアを作るには雑貨屋小物の質にこだわりましょう。

龍村美術織物では、独創的で存在感のある美術織物を手掛けています。

織物から生まれた雑貨や、机の中央に敷くだけで和風テイストに変わるテーブルセンターなどが人気です。

出典:龍村美術織物

流行に左右されず、ずっと愛用したくなるような上質な雑貨を飾って、ワンランク上の和モダンインテリアを目指しましょう。

まとめ:くつろぎの和モダン空間を作ろう

和モダンは和と洋が組み合わさった、過ごしやすい空間のインテリアが魅力です。

外観や内装それぞれに特徴があるため、和モダン住宅の建築やリフォームを検討されている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

和モダンは心から落ち着ける空間が生まれるインテリアです。

物や情報が多い現代だからこそ、古くから伝わる暮らし方を取り入れて、安らぎの日々を目指しましょう。