和モダンバッグの魅力は?シーンや服装別のおすすめの種類を紹介

和モダンのバッグは、シーンに合わせて選べる豊富なデザインと形が魅力。

普段使っているトートバッグや、クラッチバッグなどのフォーマルなバッグに、和モダンのテイストを取り入れてエレガントさをプラスしてみてはいかがでしょうか。

この記事では和モダンなデザインのバッグの特徴や、種類をご紹介します。

洋装と和装で、和モダンバッグを購入する前にチェックしたいポイントも解説しているためぜひ参考にしてください。

和モダンバッグの特徴

和モダンとは和風のデザインと、現代的なモダンのテイストを合わせたものです。

近年はインテリアに多く取り入れられていますが、普段身に着ける財布やバッグなどの小物にも取り入れられています。

普段使いには一般的なトートバッグに和柄を取り入れた、カジュアルなデザインが人気。

一方で着物の帯のようなゴージャスな刺繍で仕上げた、フォーマルシーンに合う和モダンバッグも注目されています。

和モダンならではの魅力を活かすには、使う用途やシーンに合わせて適切なものを選ぶことがポイント。

まずは和モダンバッグのシーン別のおすすめの種類を知ったうえで、ライフスタイルに合ったバッグを探してみてください。

和モダンバッグの種類

バッグはオンオフそれぞれで、使い分けることがファッションとなじみを良くするコツ。

和モダンバッグのシーン別のおすすめの種類をご紹介します。

結婚式に合う和モダン「フォーマルバッグ」

  • クラッチバッグ
  • 利休バッグ

結婚式に持っていく和モダンバッグは、かっちり感があるフォーマルバッグを選びましょう。

財布のように手で持ち運ぶ小ぶりなクラッチバッグは、華やかな刺繍入りやビーズで作った光沢のあるデザインが人気。

落ち着いた和モダンテイストのバッグなら、茶席などのシーンで使われてきた利休バッグが定番です。

利休バッグは、着物姿と調和がとれる横長の小ぶりなボストンバッグです。

ハンカチなどの必要最低限の小物をスマートにおさめるバッグとして、一つ手元にあると便利。

年齢を重ねるごとに、ドレスの洋装から着物の和装を身に着ける機会が増えてきます。

フォーマルシーンで活躍する、お気に入りの和装に合うクラッチバッグや利休バッグを用意しておきましょう。

日常使いなら和モダン「布製バッグ」

  • がま口布製バッグ
  • トートバッグ(ミニトート)

毎日気軽に使える和モダンバッグは、布製のがま口バッグやトートバッグが定番。

デニムなどのカジュアルスタイルにも合わせやすい素材で、洋装に合わせやすいバッグです。

帆布のトートバッグ素材に、あえて伝統的な和柄を取り入れたデザインは個性的でおしゃれな印象に。

日々の生活にさり気なく和モダンのテイストを合わせられるおすすめのバッグです。

そして、がま口も和モダンを代表するデザイン。

がま口がついたバッグは、どこか懐かしく親しみのある印象が魅力です。

ワンピースやスカートなどのフェミニンなスタイルとも相性が良い和モダンバッグです。

浴衣や会食に合う和モダンな「巾着バッグ」

浴衣やちょっとした会食に持っていくのなら、巾着バッグを選びましょう。

巾着バッグは形もデザインも、古くから使われている親しみやすいバッグ。

巾着の小ぶりなフォルムと、和柄を合わせたデザインは夏の浴衣シーンを彩ります。

デザインも豊富で、子供からお年寄りまで世代を気にせず持ち運べるところも魅力です。

<洋装>和モダンバッグを購入する時のポイント

和モダンバッグは、洋服か和装か、着る服装に合わせて選ぶことがポイント。

ファッションと調和をとるために意識したい、洋装での和モダンバッグ選びのコツをご紹介します。

カジュアルスタイルには和モダントートバッグ

デニムやTシャツ、パーカーなどのスポーティーなスタイルや、近所までのお買い物などのカジュアルスタイルには、和モダントートバッグが便利です。

トートバッグは帆布を使っており、洋服の綿との相性が良い素材。

和柄を合わせる際も、素材が洋服となじみが良いものを選ぶと違和感がありません。

ほかにもレザー素材のバッグに、アクセントとして和柄を取り入れたバッグもおすすめです。

明るい差し色を選ぶ

和柄と言えばシンプルで地味なイメージがあるもの。

洋服に合わせるのなら、明るい日本伝統色を使ったカラフルなバッグを選びましょう。

赤や黄色などの暖色カラーは、和柄の地味なイメージがなくなり普段のファッションのアクセントとして活躍します。

和柄や伝統柄で和モダンを演出する

和柄は自然の風景や季節などをモチーフにしたデザインです。

日本人に、なじみが深い自然のデザインを規則的に並べており、流行に影響されない品格と落ち着きが感じられます。

洋服に合わせるのなら、あえて和柄や伝統柄を大胆にあしらったデザインで、対比を楽しみましょう。

あざやかなカラーでまとめた存在感ある和柄もあれば、一色でシックにまとめたものまで幅広くそろっています。

花柄を描いたデザインや、縁起物の松竹梅、富士山などの大胆なモチーフをあしらった和モダンバッグもおすすめです。

<和装>和モダンバッグを購入する時のポイント

和装に合わせる和モダンバッグは、着物の柄や色との相性を意識して選ぶことがコツ。

和装用のバッグを購入するにあたって、知っておきたいポイントをご紹介します。

帯や草履と色を合わせる

帯や草履などの小物とバッグの色を合わせると、全身に統一感が生まれます。

複数の色の小物でコーディネートしてしまうと、まとまりのない印象に。

そこで、小物とバッグの色を合わせれば、色が多すぎず全身がすっきりとまとまります。

たとえば着物が白、帯が青ならバッグは青系の寒色カラーがおすすめ。

和モダンバッグを購入するときは帯や小物といっしょに選ぶと、コーディネートをする際に色をまとめやすくなります。

夏の浴衣はかご型・巾着バッグで季節感を出す

夏の浴衣は、巾着バッグのほかにかご型バッグが人気です。

竹やラタンを使ったかごバッグは、涼しさを感じる見た目が浴衣と相性抜群。

和モダンならではのレトロな模様や、日本の伝統柄を使った布と合わせて、浴衣をさらに上品で華やかにまとめましょう。

寒さが気になる秋や冬は季節感を意識した、ファーつきの和柄バッグがおすすめです。

ファーつきバッグは洋服とも合わせやすく、冬に暖かさを感じるコーディネートができます。

小ぶりな和モダンバッグで上品さをプラスする

和装に合わせる和モダンバッグは、基本的にサイズが小さいものを選びましょう。

小さいサイズのバッグを持つことで上品さをプラスできます。

トートバッグや大きいボストンバッグなどはできるだけ控えて、小ぶりなバッグを身に着けてください。

大きい荷物を持ち運ぶときは、風呂敷などに包んで持っていくか、できるだけマチが狭い薄型のフォーマルバッグを使いましょう。

和モダンバッグの人気モチーフ

和モダンのモチーフは、古くから伝わっている伝統柄や、日本らしい色を使ったバッグが人気です。

大人のファッションに合う、人気のモチーフをご紹介します。

大人っぽく上品な「青海波」

青海波(せいがいは)は、扇形の文様を規則的に並べたデザインで無限に広がっている波をイメージしています。

シンプルなパターンデザインですが、大人っぽい印象が人気の理由。

年齢を重ねてもずっと使い続けられる和モダンバッグのモチーフとしておすすめです。

暮らしの平穏と人々の幸せを願う気持ちを込めて生まれた、とても縁起の良い柄です。

伝統柄はデザインだけでなく、その文様に込められた願いや想いも合わせて選べるところが魅力。

幸運を呼び込みたい方はぜひ青海波の和モダンバッグを身に着けてみてください。

日本の代表花の「桜柄」

日本の代表花である桜柄は、女性なら1つは持っておきたい華やかなデザイン。

花柄の中でも花が小さく上品で、落ち着いた佇まいが人気の理由。

大人の女性が身に着けても派手になりすぎないピンク色です。

また、寒い冬を越えた春に咲く花であることから「新しい物事の始まり」を表す縁起物でもあります。

桜の花はほかの伝統柄と組み合わせたデザインのバッグも多くあります。

縦じま模様や、市松模様などのシンプルな伝統柄に、桜柄を合わせることで華やかな印象に。

桜柄は日本の伝統素材ちりめんを使った巾着バッグにも多く採用されているデザインです。

和モダンらしい「扇柄」

扇の模様を並べた、レトロな風合いのバッグです。

ユニセックスな印象の伝統柄だからこそ、プレゼントに贈る和モダンバッグとしてもおすすめです。

扇を広げたデザインは、末広がりの縁起物として使われてきました。

物事の発展や、一族の繁栄をもたらす意味を持っています。

シンプルな扇柄をベースに、梅などの季節の花々を描いた鮮やかなバッグも和装との相性が良い伝統柄です。

おすすめの和モダンバッグ3選

伝統的な和風のデザインを取り入れた和モダンバッグを販売している龍村美術織物

シーンごとに使い分けたい、龍村美術織物のおすすめ和モダンバッグを3つご紹介します。

茶席バッグ

出典:龍村美術織物

絹織物を贅沢に使った、高級感ある茶席バッグです。

お茶席では派手すぎず、上品なデザインのバッグを持っていくことがマナー。

最低限必要な道具として、ハンカチや風呂敷を入れておける大きさが必要です。

着物のデザインを邪魔しない小物を取り入れることで、飾りすぎずフォーマルな席になじみます。

ドレープミニボストン

出典:龍村美術織物

ドレープミニボストンは、和装と洋装どちらにも合うエレガントなバッグです。

ドレープとは布のたるみによる、ゆったりとしたひだのこと。

優美な曲線を作ることでフォーマルでしっかりした印象のバッグに、女性的なやわらかさをプラスしたデザインになります。

やわらかい印象のドレープ生地に、赤などのビビッドなカラーを合わせたデザインは存在感があります。

ファッションの美しさをさらに引き立ててくれるバッグです。

ビーズバッグ

出典:龍村美術織物

人気の円文白虎朱雀錦(えんもんびゃっこすじゃくにしき)をあしらった、ビーズバッグです。

円文白虎朱雀錦は、連珠と唐草による円が描かれており、その中に白虎と朱雀を入れた縁起物

中国に伝わる縁起物の霊獣をデザインした、カラフルでオリエンタルなバッグです。

結婚式や食事会など、ドレスコードがあるフォーマルなシーンで活躍。

 

出典:龍村美術織物

ほかにも光沢があるガラスビーズで1つ1つ縫い上げて模様を出した、王朝七宝文などゴージャスなバッグを取り揃えています。

まとめ:和モダンバッグを着こなしのアクセントに使おう

和モダンバッグは、シンプルなデザインからバッグがスタイルの主役になるような存在感あるデザインまでさまざまな種類があります。

和モダンバッグの魅力は次の通りです。

  • 和装にも洋装にも合わせられる
  • 普段使いからパーティーシーンなどシーンで選択できるデザインの豊富さ
  • 年齢を重ねてもずっと使えるエレガントなデザイン

和モダンのテイストは、身に着けることで、大人としての品格を高めてくれることでしょう。

年齢を重ねてもずっと愛用できるデザインであるところも、和モダンの良さです。

また、普段使い用になる布製トートバッグなど、定番のバッグに和柄を取り入れて和モダンスタイルを楽しむ方法もおすすめです。

日々の生活にさり気なく和モダンを取り入れて、着こなしのアクセントにしてみてはいかがでしょうか。