和モダンホテルにおすすめのインテリア5つと客室作りのコツを解説

「和モダンホテルの客室のインテリアを決めたいけれど、何を選んでいいのかわからない……」

という人は多いのではないでしょうか。

客室のインテリアを和で統一するコツを掴めば、インテリア選びは難しくありません

この記事では、和モダンインテリアの魅力や選び方、おすすめのインテリアを紹介します。

「和モダンホテルのインテリア選びが分からない」「おすすめのインテリアを知りたい」という人はぜひ参考にしてみてください。

和モダンインテリアとは?

和モダンという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

和モダンとは、和風と現代的であるさまが融合したデザインのことです。

色味や素材を和風にして、モダンインテリアと組み合わせることで和モダンインテリアが誕生しました。

和風さを強調するために、自然を連想させるような植物の色や、自然界にもともとあるような土の色を多用しているのが特徴。

障子や畳など、日本古来の素材を使うことで和の雰囲気を一層高めています。

私たちの身近にある色や素材を使っているため、和モダンインテリアがある空間は落ち着くといった効果もありますよ。

ホテルに和モダンインテリアを取り入れる魅力

最近では、和の雰囲気を取り入れたホテルが人気を集めています。

ホテルに和モダンインテリアを取り入れることで、以下のような魅力があります。

  • 和風のため安らげる
  • 重厚感が出る
  • 高級感を演出できる
  • 畳や障子など昔からあるものに囲まれるため安心感がある

ゆったりと過ごせるホテルで、和のインテリアがあると安心感を抱きます。

昔から馴染みのある素材やデザインを取り入れているからです。

また、和モダンインテリアは現代的な雰囲気を兼ね備えているため、おしゃれな空間作りにも最適です。

ホテルに和モダンインテリアを取り入れると、宿泊者にゆったりした気持ちで過ごしてもらうことができます。

また、和モダンインテリアは高級感や重厚感を出すのに最適です。

なぜなら、シンプルなデザインが多いため、スタイリッシュな印象を与えるからです。

直線的なデザインの格子柄の棚や、低重心の家具などが代表的。

和のテイストの素材と現代的なデザインの融合により、和モダンインテリアは唯一無二の魅力を持ち合わせています。

ホテルの客室を和モダンテイストにするなら?

ホテルの客室を和モダンテイストにするなら、どのように工夫すればいいのでしょうか。

具体的な方法は、以下の通りです。

  • ロビーに和モダンインテリアを配置する
  • 客室のインテリアを和モダンにする
  • 客室の一部に畳や障子を取り入れる
  • 家具を低重心にする

ホテルを和風にするなら、ロビーに和モダンインテリアを配置しましょう。

足を一歩踏み入れただけで、ホテルの雰囲気が分かるのが宿泊客に感動を与えるポイントだからです。

例えば、ロビーの一角に畳の休憩スペースがあると、和モダンテイストのホテルだと認識してくれます。

瞬時にホテルのコンセプトを感じてもらうためにも、ロビーには和モダンインテリアを配置しましょう。

また、客室のインテリアを和モダンで統一するのもおすすめです。

ホテルのコンセプトに一貫性が出るからです。

例えば、ロビーは和モダンテイストで、客室がアメリカンであれば宿泊客は混乱してしまいます。

ロビーと客室のインテリアを統一させることで、和モダンテイストのホテルと印象付けることができます。

さらに客室を和モダンテイストにするなら、客室の一部に畳や障子を取り入れるのがおすすめです。

そのほか、家具を低重心にすると、さらに和モダンテイストの客室が完成します。

日本人は、床に正座する習慣や布団を敷いて寝る習慣などがあります。

そのため、床に座れたり、低重心の家具があると安心できるというメリットも。

宿泊客が落ち着いて過ごせる和モダンテイストの客室を作ることができます。

和モダンテイストのホテルにおすすめのインテリア5つ

いくつかのコツを掴めば、インテリアを和モダンで統一できます。

今回は、コツをおさえた5つのインテリアを紹介します。

  • 和風アートパネル
  • 重心が低いベット
  • 格子柄の棚
  • シーリングライト
  • ローテーブル

それぞれ見ていきましょう。

①和風アートパネル

出典:龍村美術織物

アートパネルとは、布を厚みの板に貼り付けたパネルのことです。

板に厚みがあるため、部屋に飾ると存在感があります。

アートパネルは、フレームがないため質感をそのまま楽しめるのが特徴です。

龍村美術織物のアートパネルは、上質な空間を作り出すのに最適なデザインを多く取り揃えています。

例えば、豊穣の風景をイメージしてデザインされたもの。

五穀が豊かに実る風景を再現しているため、配色は米や麦、豆などを思い起こさせます。

立体感のある生地を使用しているため、質感を楽しむのにピッタリです。

②重心が低いベット

重心の低いベットは和風テイストのホテルにピッタリです。

日本人は古くから畳に座ったり、床に布団を敷いてきたりしたため、床が生活に近いと安心します

例えば、ベットやテーブルセットが浸透している家庭でも、床に座らない人は少ないのではないでしょうか。

海外の文化が浸透している日本でも、床と日本人は切っても切り離せない関係です。

とはいえ、ベットに慣れている人が多いのも事実です。

そのため、日本人に馴染みのある布団とベットの中間である重心が低いベットを客室に置くのがおすすめです。

③格子柄の棚

格子柄の棚は、一目見ただけで和モダンスタイルを印象付けることができます。

なぜなら日本人は、直線的なデザインとシンプルな構造に古くから慣れ親しんでいるからです。

部屋の一角に格子柄の棚があることで、昔から使われているものだろうかと想像できます。

また、格子柄の棚は、現在の一般家庭ではあまり見かけないもの。

ホテルに備え付けてあることで、存在感があり非日常の演出にピッタリのインテリアです。

④和風シーリングライト

メイン照明として使われることが多いシーリングライトは、和風デザインのものを選びましょう。

照明は、常に目に入るものではありませんが、客室の印象を左右する大切なインテリアです。

和風のシーリングライトの選び方は、カバーが自然素材か・障子紙など和素材を使っているかの2点に注目しましょう。

電球は、海外と日本で違いはありません。

しかし、カバーが障子紙など日本古来の素材を使用することで、和モダンテイストに近づきます。

客室の印象を決定付けるからこそ、照明も和風デザインのものを選びましょう。

⑤ローテーブル

客室の雰囲気をより和モダンにするなら、ローテーブルがおすすめです。

重心が低いベットと同じように、床に近い生活を過ごせるからです。

例えば、古くから親しまれているちゃぶ台もローテーブルのひとつ。

ブラックやグレーといった落ち着いたカラーを選べば、高級感を演出することも可能です。

また、ローテーブルがある部分は、靴を脱いで上がる設計がほとんど。

ホテルの一角が和室であれば、宿泊客の印象に残り、満足度が高まるでしょう。

ホテルのインテリアに和モダンを取り入れるメリット

和モダンは、重厚感や高級感が出ると紹介しました。

そのほか、和モダンテイストは海外の方からの人気を集めます。

日本古来の和の雰囲気と現代的なおしゃれなデザインが、人気の理由です。

一気におしゃれな空間にできるため、海外の方からの人気も高いです。

また、和の雰囲気が取り入れられていることから、落ち着いた空間を演出することが可能。

和モダンインテリアは、洗練された落ち着きのある空間作りにピッタリです。

ホテルに和モダンのインテリアを取り入れるコツ3つ

和モダンインテリアは、商品が多く、どれを選べばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

和モダンのインテリアを取り入れるコツは、以下の通りです。

  1. 自然素材を引き出す
  2. 重心が低い家具を探す
  3. シンプルなデザインの家具を配置する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

和モダンのコツ1:自然素材を引き出す

自然素材の種類は、素材そのものと色の2種類があります。

素材は、石や漆喰、和紙などです。

また、色はベージュや緑系、グレーなどの自然にあるような色のことです。

インテリアにさりげなく自然素材が使われていることで、和の雰囲気が増します

和モダンのコツ2:重心が低い家具を探す

和モダンのインテリアを取り入れるなら、重心が低い家具を選びましょう。

日本古来の雰囲気が出るからです。

例えば、畳に通常のベットフレームを置くよりも足が短いベットフレームが和の雰囲気が出ます。

客室の全体的な雰囲気ともマッチするため、重心が低い家具を選ぶのがおすすめです。

和モダンのコツ3:シンプルなデザインの家具を配置する

和モダンは、シンプルなデザインを選ぶのがおすすめです。

無駄のないデザインや直線的な家具は、洗練されたモダンな雰囲気が出るからです。

直線的デザインの代表として、格子柄の棚があります。

格子柄とは、縦縞と横縞を組み合わせた模様です。

風呂敷などに多く使用されている模様のため、日本人に馴染みのあるデザインです。

和のデザインは、直線的なデザインが多いため、シンプルな家具を選ぶと和モダンインテリアを簡単に取り入れられます。

まとめ:和モダンインテリアを取り入れて

今回は、ホテルにおすすめのインテリア5つと客室作りのコツを解説しました。

ホテルの客室を和モダンにするコツは、以下の通り。

  • 客室の一部に畳や障子を取り入れる
  • 家具を低重心にする
  • 自然素材を引き出す
  • シンプルなデザインの家具を配置する

ホテルで重要なポイントは、満足度を上げること・非日常を体験してもらうことです。

ポイントをおさえることで、宿泊客の思い出に刻まれ、リピートにつながります。

また、おすすめのインテリアは以下の通りです。

  • 和風アートパネル
  • 重心が低いベット
  • 格子柄の棚
  • 和風シーリングライト
  • ローテーブル

ホテルを和モダンにするコツをおさえたインテリア選びをするだけで、客室の雰囲気が一気に変わります。

おすすめの和モダンインテリアを参考に、非日常を味わえるホテルの客室作りをしましょう。