アートパネルが買える店舗7選!失敗しない上手な選び方もご紹介

オフィスやホテル、レストランなど空間を華やかに彩るアートパネル。

アートパネルが購入できる通販サイトはたくさんあるけど、写真のイメージと異なる商品が届くのは嫌。

実物を目で見て買いたいという方も多いのではないでしょうか。

今回は東京から大阪、福岡までアートパネルが購入できる店舗を7つ厳選し、ご紹介いたします。

失敗しない上手な選び方についても併せて解説しているため、アートパネル探しの参考にしてみてください。

アートパネルとは額縁がない質感を楽しめるアート

インテリアの雰囲気を手軽に変えられるアートパネル。

粋なカフェやホテルなどでも使われていることから、最近注目を集めているインテリアアイテムです。

聞いたことはあるけど、絵画やポスターと何が違うか分からないという人も少なくないでしょう。

アートパネルとは、木製パネルなど厚みのある土台に素地を貼り付けた、額縁に額装されていない質感を楽しめるアートのこと。

スウェーデンやフィンランドなど北欧が発祥の地で、別名ファブリックパネルと呼ばれています。

アートパネルには額縁がないため絵画より手頃な価格で手に入れることが可能。

素地ならではのあたたかみと風合いを感じられるのが大きな魅力です。

アートパネルが店舗で購入できるお店7選

通販は一度にたくさんのアートパネルを比較できますが、写真と実物のイメージが違うケースがあります。

素地感を楽しめるアートパネルは、実際に店舗へ足を運んで購入するのがおすすめです。

アートパネルが購入できる店舗は全国にたくさんあります。

今回は東京・愛知(名古屋)・大阪・京都・福岡とエリアごとにアートパネルが購入できる店舗を7つピックアップしました。

お近くの店舗でお気に入りのアートパネルを見つけ、特別なインテリアを演出しましょう。

【東京・大阪】a.flat

アジアの風・自然をテーマにした、落ち着いたトーンのアートパネルを揃えているa.flat。

木々の樹木や海の水面、琥珀色の夕焼けなど自然の美しさを表現したアートパネルが揃っています。

豊富なサイズ・カラー展開が特徴です。

オフィスの玄関など広く空いている場所には主役級の存在感がある大きなアートパネル、ホテルのトイレには小さなアートパネルで彩りを添えて、居心地のいい空間を演出してみるのもいいでしょう。

価格は2,000円台〜160,000円台で予算に合わせて選べます。

【東京・大阪】WALPA

風景や動物、植物など美しい写真をプリントしたフォトウォールのアートパネルが多彩なWALPA。

世界中の最新のデザインを届ける輸入壁紙専門店で、見たことない想像力豊かな抽象画との出会いも楽しめます

被写体の良さを活かしたカラフルなものからモノトーン、セピアカラーまで揃っていて、インテリアの雰囲気にあった一枚が見つかりますよ。

モノトーンやセピアなど同じ色味のアートパネルを複数枚規則的に飾って、ギャラリーのように飾るのもいいでしょう。

価格は8,000円台〜10,000円台と手頃で、アートパネル初心者の方もチャレンジしやすいです。

【東京】東京アートラボ

古典絵画から現代アート、アニマルモチーフのポップなデザインまで、インテリア作りに特化したアートパネルが魅力の東京アートラボ。

アートパネルの種類がとにかく豊富なデザイナーズ絵画販売アート専門店です。

日本料理店では日本の情緒に浸れる和モダンアート、デザイナーズホテルにはラグジュアリーなポップアートなど、インテリア別に選べます。

お気に入りの一枚を見つけに鑑賞の時間を堪能したいときにおすすめ。

価格は2,000円台〜6,00,000円台と幅広く、気軽にアートパネルを楽しみたい方や本物志向の方も大満足のラインナップです。

【東京】AND COLLECTION

クラシック女優やハイブランドをモチーフにした、ファッショナブルなアートパネルがおしゃれなAND COLLECTION。

現代アートなど世界中からセレクションしたコレクションが満喫できる、ライフスタイルショップです。

ビビッドカラーが華やかなアートパネルが多く、一枚でインテリアの主役になります。

原画が豊富なため、その作品が持つ力と作家の想いがダイレクトに感じられますよ。

価格は10,000円台〜70,000円台。

カフェオフィスなど、ファッションをテーマにした空間づくりがしたいときにいかがでしょうか。

【京都】龍村美術織物

繊細かつ大胆な独創性光る、唯一無二の美術織物のアートパネルがある龍村美術織物。

艶やかな色合いと華やかな彩りの立体的な表現が特徴で、見るだけで感性が研ぎ澄まされます。

ホテルの客室エントランスなどに取り入れれば日常から離れ、特別なひとときを味わえることでしょう。

時間が経っても色あせることなく、経年劣化を気にせず楽しめるのも魅力のひとつ。

Webサイトで載っているアートパネルは一例です。

デザインやサイズ、使用生地はカスタマイズできるため、気になる方は下記からご相談ください。

龍村美術織物のページはこちら

【福岡】MODERN WORKS

具体的なモチーフを使わない抽象画や、海や植物など自然の美しさを表現した写実絵画など、現代的なリラックス感のあるアートパネルが揃うMODERN WORKS。

縦長タイプのアートパネルがメインです。

同じサイズのアートパネルを田の字型に飾ったり、階段のように高さを変えて複数枚飾ると、一枚で飾るより洗練された印象になりますよ。

価格は6,000円台〜30,000円台。

ミーティングルームやフリーアドレスなど、居心地の良さを重視したモダンなオフィスの壁面コーディネートにいち押しです。

【愛知・名古屋】songdream

ニューヨークの街並みや屋外のベンチなど、被写体そのものの魅力に浸れるモノクロ写真のアートパネルを用意しているsongdream。

直線で描かれた絵具のタッチがユニークなアートパネルもあり、インテリアをスタイリッシュに演出してくれます。

価格は6,000円台〜40,000円台。

殺風景なオフィスには海外の街並みのアートパネルで旅気分に、ロースタイルのカフェならラグの上にアートパネルを立て掛けたりと、いろんな組み合わせ方が楽しめます。

songdreamのページはこちら

アートパネル選びのポイント1:インテリアで選ぶ

アートパネルを実際に選ぶとなると、「どんなアートパネルを選べばいいか?」悩んでしまいますよね。

センス良く見せるためには、お部屋のインテリアの雰囲気に合ったものを選ぶことが大切。

統一感が出て素敵な空間作りが叶います。

スタイリッシュなお部屋ならモノトーンのアートパネル

黒・グレー・白を基調にしたスタイリッシュなお部屋にはモノトーンのアートパネルがいいでしょう。

幾何学模様やストライプなどアクセントになるアートパネルを取り入れれば、インテリアに調和しつつ遊び心を感じさせることができます。

ポップなインテリアならカラフルなアートパネル

色味がたくさんあるポップなインテリアにはカラフルなアートパネルを選びましょう。

ソファのクッションやベッドの枕の色と合わせると雑多な印象にならず、自然とお部屋に馴染んでくれます。

複数枚飾りたいときは絵のテイストを揃えると、より統一感が出ておしゃれです。

自然を感じたいなら海や植物のアートパネル

癒される空間作りを目指すなら、海や植物など自然モチーフのアートパネルがおすすめです。

春は桜、夏はさざなみのアートパネルと、季節ごとに模様替えすると四季折々の彩りが感じられます。

海外のリゾート地などを被写体にしたアートパネルを飾れば、自由に旅行ができないときも、ちょっとした旅気分を楽しめるのではないでしょうか。

洗練された和の空間には和モダンなアートパネル

洗練された和空間はより上質さを堪能するために、和モダンなアートパネルを取り入れてみましょう。

日本の古き良き伝統と新しさを感じさせるアートパネルは、華やかさの中にどこか懐かしさが感じられます。

和モダンなアートパネルの中でも特に多彩な織物がおりなすアートパネルがいいでしょう。

細部までこだわりが見える繊細さがここにしかない特別な空間作りを実現してくれます。

アートパネル選びのポイント2:飾る場所で選ぶ

アートパネルは飾る場所によって選び方を変えるのがポイントです。

玄関や寝室など、空間ごとに適したアートパネルを選べば心が豊かになりますよ。

ここでは飾る場所ごとにおすすめのアートパネルをご紹介します。

家の顔の玄関はあたたかくシンプルなアートパネル

ホテルやオフィスの顔となる玄関にはあたたかみのあるシンプルなアートパネルがいいでしょう。

白をベースにオレンジやピンクなど暖色を差し色にしたアートパネルを飾れば、玄関の印象がさわやかな印象になります。

一日のスタートを気持ちよく切ることができそうですね。

アートパネルを玄関に飾ってみたいと考えている方は「アートパネルを玄関に飾ろう!飾り方のコツ・運気アップのモチーフ」もご覧ください。

寝室はリラックスできる色のアートパネル

心地いい眠りにつくために、寝室はリラックスできる色のアートパネルを選びましょう。

寒色系の青は鎮静効果があるとされています。

特にパステル系の青は、リラックス効果を最大限に感じられることも。

パステルブルーを取り入れたやわらかいタッチのアートパネルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

トイレは花や植物をモチーフにしたアートパネル

トイレはコンパクトな分、最もセンスの良さが際立つ場所とされています。

風水的にも気が落ち込みやすいとされている場所なので、元気が出るアートパネルを飾るといいでしょう。

お花や植物など、癒しとパワーを与えてくれるモチーフのアートパネルを選んでください。

アートパネル選びのポイント3:デザインで選ぶ

アートパネル2

出典:龍村美術織物

アートパネルはシンプルにデザインで選ぶのもおすすめです。

個性的な存在感を放つ抽象画や、淡い色合いに癒される水彩画。

遊び心たっぷりなイラストまで、お気に入りのデザインのアートパネルを飾ればいつものインテリアの雰囲気が素敵になり、生活の質が高められます。

和モダンな織物のアートパネルをお探しなら龍村美術織物がおすすめです。

龍村美術織物はサイズや生地がカスタマイズできて、ご自身の感性に合ったアートパネルの相談ができます。

気になる方は下記お問い合わせリンク、もしくは電話にてお問い合わせください。

龍村美術織物のお問い合わせはこちら

まとめ:アートパネルは店舗で実物を見て買うのがおすすめ

華やかなアクセントになるアートパネルは、ワンランク上の空間作りに活躍してくれます。

お気に入りの一枚を見つけに実店舗に足を運べば作品の息づかいなど、実物にしかない魅力をダイレクトに感じられます。

アートパネルとの出会いを楽しみに、本記事で紹介した店舗にぜひ訪れてみてください。

通販でもアートパネルを探してみたいという方は「アートパネル通販におすすめのサイト5選!選び方のコツや注意点も解説」をご覧ください。